昭和的微酔日記

処は中国・広東省
面積はそれなりに広いのに、大都会シンセンの上に位置するのに、あまり知られてない恵州市ってとこの田舎町より
中国人にまぎれて周りをギョロギョロ。今日もテンション60%
<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
LINKS
PROFILE
SEARCH
<< 雨とカミナリの共演 | main | 中国の車窓から >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - |
中国の車窓から
中国で車に乗ってると
時たま スゴイ映像を目にしますです。

日本に帰って普通の風景を満喫して戻ると
よけいに。。。こぅ、ねっ!


さて

一昨日、シンセン市の龍崗まで買い物に行ったのですわさ
Nさんと一緒に車で行ったのですがね
喋ってたら、いきなりNさん

「ちょっと!!!今スゴイの通ったよ!!!」

「なんすか、なんすか???」

と、窓の外を見ると・・・


バイクが


で 昨日の写真↓



ブーン




ブーン


アップ
 down



アップ
 down




さて、このバイク、何人乗ってるでしょうか





頭数を数えるだけでも3人!乗ってます
(普通のバイクなのに。。。見た感じカブみたいな)


ん?

何かがオカシイ・・・

これはなんだ?




このなんとなく不自然

もとい すっげー不自然



ってわけで、正解は

4人乗りでした

  ↓





スゴイです

ってか4人乗りもスゴイのですが

スゴイ密着っプリです

ってか一番スゴイのは一番後ろのオッチャン

前の女性に摑まらず、
どこにも摑まらず
自分のひざに手を置き
こんな苦しそうになりながら乗ってるのデス

だったら乗るなよムリヤリ


もっとスゴイのは
これだけ乗ってても
スピードが衰えてなかったと言うことは言うまでもなく・・・


Nさんとしばし爆笑の車内デシタww


ってかもっとスゴイものを激写しました。
それはまた明日ww

ネタがないのでひっぱります
↑ウソです
| よっき | 中国の車窓から | comments(8) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | - | - |
meimei (2006/06/10 11:51 PM)
4人で乗ってるという事よりも、絶妙なバランス感覚に度肝抜かれます。しかもノーヘル…
こけたら死んでしまふ、、、、(==;)
最後部のおじ様、前の女性に捕まらないというのは紳士的な行動を心がけての事でしょうか?遠くの一点を見つめてるってのも気になります
パグ (2006/06/11 8:39 AM)
ぎゃー!
これ、事故ったら怖い〜。
台湾に行った時も、家族でバイクに乗っている姿を見ました。
ちびっこも親にしがみついて、平気な顔。
あれは怖くてできないな〜。
ちょうかん (2006/06/11 1:39 PM)
お久しぶりです。
福永でもよく見ますよぉ。
小学生くらいのチビっこが4人とか。
運転していいのか?って思いますが街中走り回ってます。

昔、会社の小姐とバイタク乗ってギュッと捕まられた時は、萌えてしまいました(笑)
よっき (2006/06/11 10:10 PM)
☆meimeiさん★

そう、このシートに乗り切れてるのか?って言う
微妙なバランスとノーヘルにこっちまでハラハラですw
後のオッチャンの視線の先が気になりますねw
「俺は絶対にそーゆー男じゃない!」って思ってそうな
変な想像がはしりますw
よっき (2006/06/11 10:14 PM)
★パグさん☆

台湾でも見たのですか??!!
まじっすか、、、
まだ幼稚園だろ?って子供が必死につかまってるとこが冷や汗ものですね( ̄△ ̄;)・・・
よっき (2006/06/11 10:16 PM)
☆ちょうかんさん★

ちびっこが運転?!
それけっこう怖いですねっ!!( ̄△ ̄;)冷や汗もの

小姐の手がぎゅっ・・・
なるほど、その手いいですね

(↑何のために)
Lychee (2006/06/12 12:37 AM)
一番後ろのオジサンの頭、カットにしびれました☆
それにしてもヨッキさん、上手に写真
撮れていますね!大爆笑です!
よっき (2006/06/12 10:41 PM)
★Lycheeさん☆

あの角刈り、もしかしたら巷のハヤリかも知れません( ´艸`)
ココの男子スタッフみんなあんな感じ
(きっと恵州限定ww)

写真は本人もビックリです!!
ビバ!手振れ防止デス☆









url: http://t-hyper.jugem.jp/trackback/155