昭和的微酔日記

処は中国・広東省
面積はそれなりに広いのに、大都会シンセンの上に位置するのに、あまり知られてない恵州市ってとこの田舎町より
中国人にまぎれて周りをギョロギョロ。今日もテンション60%
<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
LINKS
PROFILE
SEARCH
<< 回る | main | パーミット >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - |
中国の車窓から
中国の車窓からシリーズVol.5!


これまでの車窓はこちらからどうぞ



今回は「やっぱ中国って○○だった!」

って実感したのです




それは先日、タクシーで帰る時。
喋りながらふと窓の外を見た

それは中学生くらいの子供たちが散歩でもしてたのかなぁ・・・


・・・・・・


何秒か経過


・・・・・・




多くないか??!








ぞろぞろと歩く無数の生徒

いやね、アタシの母校の中学校もマンモス校で
すごい人数がいたけど、それは10年くらい前の話だし
当時、このような遠足みたいに道をぞろぞろ歩くことがあってもそれほどビックリしなかったですが


今回はすごくビックリしたのですよ。



すごい・・・さすが人口世界一・・・(だっけ?)



と思いました





※赤の点が生徒


とにかく大移動でした。


とにかくゾロゾロでした。




後日、ローカルの友達に聞きました


アタシ「クラスに何人の生徒がいたん?」


友「60人くらいだったかな・・?」


アタシ「マジかね!!」


友「でも教室大きいからさ」


アタシ「何クラスあったん?」


友「今はどうかわからないけど、アタシの時は6クラスだったかなぁ。。この街には3校あるんだけどね、中学校。」


アタシ「今はどうかって、それでもすごい数だよっ!!!」


友「アタシの友達の妹が今中学校通ってるけど、8クラスあるんだって」



アタシ「増えてるんかねっ(゜д゜;)!」




すごすぎますー中華人民共和国




| よっき | 中国の車窓から | comments(4) | - |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | - | - |
meimei (2007/03/24 5:01 AM)
余ってますね。明らかに余ってますね
meimeiの小学生時代は一クラス30人が2クラスで、もっと年下の年代は一クラスしか無かったりしました。場所がオフィス街だったので子どもが少ないせいもあったかもしれませんが
母が「日本が中国に飲み込まれる」と最近怯えてます。
中華人民共和国よ。何故そんなに人口爆発まっしぐらなのか日本の政治家に説明してやってくれって感じです
TADA (2007/03/25 2:07 AM)
確かに、いろいろな場面で中国の人口が多いことを実感させられますね。
今日は、恵州市陳江へいきましたが、夜10時過ぎても人の波、うじゃうじゃ。上海から列車に乗ればいつも満員。上海駅前は人人人で身動きとれず。無錫だって、蘇州だって杭州だって、いつも人がいっぱい。どうなってるんだ?この国は。人口増産以外、やること無いのかー!って感じですね。
よっき (2007/03/26 11:40 PM)
☆meimeiさん☆

たくさんいますよね・・・
この勢いに飲まれてはいけませんっww
ってか日本は減ってるのに、中国は減る気配がないですよ。
大体大陸はでかいですからねw
密度では日本は勝ってるでしょう
よっき (2007/03/26 11:42 PM)
☆TADAさん☆

そうですよね!
どこ行っても人の波ができてます。。。この小さい田舎街だってすごい密着です・・汗
今日、イミグレで、たくさんの人が流れてました・・・
中国人だけではないですが、とにかくいろんな人が行き来してるものだと実感